天井特化VRが最高に抜けるらしい!特に木下ひまり天井特化が最高らしい

天井特化VRが最高に抜けるらしい!特に木下ひまり天井特化が最高らしい
バーチャルリアリティAVことVRAVの中で「天井特化アングルVR」がほぼ主流になってきていると話題です。天井特化アングルVR は
AVメーカーイ・エム・プロデュースのVRレーベルで、AV監督・宮迫メンバーが考案したVRカメラアングルとのことです。2019年発売の『天井特化アングル!ジーニアス騎乗位!永瀬ゆい』からシリーズ化している天井特化アングルですが、通常よりも30度ほどカメラを上向きにすることで没入感が増す仕掛けがあるとのこと。
普通の2DのAVではチンコをマンコに挿入しているシーンが見たいのでマンコをカメラに収めることが大切なのですが、VRは主観映像のためマンコ挿入シーンをカメラにおさめるとなると騎乗位シーンなどでAV女優の顔が見切れてしまって黒い画面端のスクリーンが見えてしまい激萎えすることが多かったんだとか。それをなくすために騎乗位シーンではマンコアングルを少なくし、天井を映し出すようにカメラを上向きで撮影。このおっぱいと顔を画面いっぱいに映していくスタイルの「天井特化アングルVR」がユーザーに評価され、現在ではVR AV全体がこの天井特化アングルに変わっていって主流になっているとのこと。
通常オナニーは椅子に座ったり、寝転んだりしてAV見ながらやると思います。天井特化ではVRゴーグルをして仰向けになり、騎乗位セックス映像を見ながら、シコります。天井特化アングルによって自身も騎乗位を完全にやっているような没入感が体験できるということです。寝ながらゴーグルをしているため首がラクなのもよく、オナニーもしやすいんだとか。
女優のマンコよりも顔を映すという肉を切らせて骨を切るような映像手法。VRは没入感が大切なのでマンコを見せればいいってもんじゃないわけなんですね。
ちなみに天井特化アングルVRでは木下ひまりのVR AVが最高傑作といわれています。距離感も抜群でガチでベロチュウ、おっぱい舐め、騎乗位セックスしているかのような体験ができるとのこと。気になった方はぜひ試してみて下さい。もう普通のAVでは物足りなくなってしまうとの声もあるぐらいエロい体験ができるらしいです。
木下ひまり天井特化_22

Posted by aki