選び方

マカの副作用を知ろう

健康補助食品であるサプリメントには副作用はありません。
つまりマカも天然の植物であることから、サプリメントとして発売されている場合には副作用の心配をする必要はありません。
ただし場合によって副作用的な症状が現れることもあります。

サプリメントのケースやパッケージ、説明書などに書かれている容量用法をしっかりと守っていれば、マカで副作用を起こしてしまう心配はありませんが、あまりにも過剰摂取することで思わぬトラブルで悩まされてしまうことがあります。

そもそもマカというのは、一日2000mg~5000mg程度の摂取が適正とされています。
これ以上体内へ入れてしまうことで、下痢や肝機能の低下などの副作用を生じてしまう可能性があります。
そして40,000mgを超えるような摂取をすることで、大変危険な状態になるという研究結果も報告されています。
くれぐれも過剰摂取には十分に注意をしてください。

またマカ自体が体質に合っていない可能性も考えられます。
容量用法通りに飲んでいたとしても、体調に変化が現れることもあるようです。
もちろん命に関わってくるような重大な症状を引き起こしてしまうことはありませんのでご安心ください。

女性が摂取する時にも注意しなければいけないことがあります。
マカにはホルモンの分泌を促進させる作用があり、急激なホルモンにより基礎体温が乱れたり、体調不良を感じることが稀にあるそうです。
これは副作用ではないのですが、もしそのような症状が現れた場合にはすぐに摂取を停止してください。

万が一、生理不順などで気になるような場合には、かかりつけの病院へ受診してみるのも良いかもしれません。
その後、医師の判断によってこのまま続けても良いのか、それとも止めた方が良いのかアドバイスをもらいましょう。"

このようにサプリメントの原料として非常に魅力的なマカですが、場合によっては副作用のような症状が現れることもあります。
ただし基本的に副作用はありませんので、まずはお試しコースや初回限定割引などを利用してサプリメントを実際に試してみましょう。